嫁おどし伝説


嫁おどし肉附き面縁起

抑この面の由来を尋ぬるに嫁おどし肉附き面縁起

抑この面の由来を尋ぬるに、文明年中蓮如承認当山在住の砌、近在十楽村の農民与三次という者あり。
このもの昔日山の城主山治部右衛門の家臣吉田源之進なる者、日山城没落の後、十楽村に止まり百姓となり、当世の家主を与三次という。妻ありと名づく。
 
続きはクリック